RSSフィード

本日のPICKUP!

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 低迷している外食業界にヤバイ男が現れた。令和3年3月3日、小田急線、柿生駅から徒歩3分場所に新規オープンしたのが、「ホルモン王子」。このお店のオーナーは、若干20歳、東京農業大学に通う大学生、小楠裕己氏である。イケメン顔であるが、見た目はチャラい。学生のノリでオープンしたと思いきや、「日本一の産業グループを作る」と、将来の夢を熱く語る。一体、この男、何者だよ。

続きを読む

最新記事

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

コロナウイルス変異株の感染者が急増していることから、政府は新たに、4月12日(月)から東京、京都、沖縄の3都府県に「まん延防止等重点措置」を適用することを決めた。期限は京都と沖縄は5月5日(水)、東京は5月11日(火)まで。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

街角景気は地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々から聞いた景気判断。2021年3月は、3ヶ月前と比較しての景気の現状判断は飲食関連では、43.8ポイントで2月から 12.2ポイント上昇した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 コロナ禍、家飲み需要拡大で女優の釈由美子が、再び脚光を浴びている。その理由は、今から19年前の2002年6月、玩具メーカーのバンダイから発売した「お酌パラダイス 釈お酌(しゃくおしゃく)」である。釈由美子の「釈」とお酌の「酌」をかけた、なんともくだらない商品であるが、インパクトあるネーミングで、当時「釈お酌」のテーマソングまでリリースされた。今、釈由美子が、家飲みファンの心を癒している。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

名古屋・東京を中心に居酒屋「新時代」など60店舗を展開する株式会社ファッズ(本社:愛知県安城市、代表取締役:佐野 直史)が、姉妹ブランド「新時代44(よんよん)」を4月13日に秋葉原にオープンさせる。同ブランドの東京初出店。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社吉野家(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河村 泰貴)が、4月8日(木)11 時より、『肉だく牛黒カレー』 (税込 657 円)など『黒カレー』7商品を全国の吉野家店舗にて販売開始する。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区、代表取締役社長CEO: 一瀬 邦夫)が展開する「いきなりステーキ」で3月22日~4月30日の間、オーダーカットステーキ3種の値下げを10店舗で実施しているが、25店舗を追加して計35店舗とすると発表した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 最近、インパクトのある見た目が話題の「こぼれ」メニューが増えている感じです。文字通り、「器からこぼれる」という単純な演出ですが、それだけで「バズる」のであれば、もしかしたら、やったもん勝ちかも? ということで「こぼれ」メニューの考察レポートです。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

業務用最大手の酒類卸、株式会社カクヤス(本社:東京都北区、代表取締役社長:佐藤 順一)の、3月業務用(飲食店向け)売上高は前年比71.1%だった。2月の41.1%から大きく回復した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

「ミスタードーナツ」を外食事業として展開する株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長執行役員:山村 輝治)が、宅配ピザ事業の買収を中止すると発表した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 上場企業の3月の月次速報。驚くのは、グローバルダイニングがなんと前年比で100%増の着地。要は売り上げが前年の2倍となった。小池百合子都知事との訴訟になっているが、ビジネス面ではグローバルDが勝ったように見える。その陰で気になる会社が。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

G-FACTORY株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:片平 雅之)が、うな丼チェーン「名代 宇奈とと」のライセンス2号店を4月5日、タイ・バンコクにオープンさせた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社髙島屋の連結子会社である株式会社アール・ティー・コーポレーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:花谷 聡子)が、この度、1944 年ロンドン・ソーホー地区で創業し、イタリアンデリカテッセン(食料品店)やレストランとして絶大な人気を誇る「リナストアズ」の英国外初の旗艦店を、2021 年夏に東京・表参道にオープンさせる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 郊外ロードサイドの焼肉チェーンではなく、繁華街や住宅街に近い立地で展開する「町焼肉」。食べ放題での安さを訴求せず、素材の良さとコスパの高さを売り物にすることで業態は成立する。その典型例が「牛8」だ。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社安楽亭(本社:さいたま市、 代表取締役:柳 先氏)の子会社、株式会社アークミールが運営するステーキハウス「フォルクス」では4月1日(木)からメニューをリニューアル。創業時に人気を博した熟成ハラミステーキを登場させた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 オープン1年、焼鳥店、大将と女性スタッフ、お任せ料理、客単価8000円、カウンター9席。17時と19時の2回転入替制。バチバチに満席。ランダムトークです。

続きを読む

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2